スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3姉妹の夏旅行

旧大社駅
使われなくなった駅舎、ひっそりとした佇まいが良い
1
DSCF6563-001.jpg

2
DSCF6585-001.jpg

3
DSCF6592.jpg

4
DSCF6570-001.jpg

#FUJIFILMX100
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは~♪

わぁ、この駅、いつか行ってみたいと思っていました!
1枚目にチラッと見えてるベンチがたまりませんね^^

「3姉妹の夏旅行」、たしか以前のJRのポスターだったと思いますが、
この駅で撮影されたものだったのですね。

ケンケンさん、こんにちは!
やっぱり駅舎いいですね~。ここは結構広さがありますね。
格子窓と床の光と影の色合いもとっても綺麗です。
ここに流れる静かな時間を私も共有したいです^^

前知識なしに行ったのですが、ものすごく荘厳な駅で圧倒されました。
駅というよりも寺院のような。
やはり出雲は神様の国なんですね。

懐かしいですね~。大社線。

とは言っても、確かこどもの頃廃止された線なので、
あまり覚えてないですが(^^ゞ

屋根が立派だったのは、なんとなく…。
今は、観光用に開放されているのでしょうか?

自然光の優しい感じがいいですね~☆
床の汚れから刻んできた時間を感じます。
こういうところ僕も大好きです^^

ケンケンさんはほんっといいところをご存知ですね。。。
ここも行ってみたい!前に紹介されていたカフェも行ってみたい!!
ケンケンさんのおかげで行きたいところがいっぱい増えていきます(笑)

こんばんは!

すごくいい雰囲気の駅舎ですね。
ここ撮りに行ってみたいです^^
でも広そうで廃校にも見えますね。

3枚目の夕陽が差し込む光景
僕の大好きな光景です^^

こんにちは

雰囲気のある駅舎ですね
もう 使われてないのが 勿体ないように 思います
いずれ この建物も 取り壊されてしまうのかな?って思うと
行ったことのない所だけれど 寂しい感じがします

こんにちはぁ^^
もぉ今は使われなくなってしまった駅舎
趣のある佇まい、素敵ですねぇ。
なんだか使わないなんて勿体無いような気がします。
2枚目の暗い室内から見える窓の景色が飾られた絵のようにも見えます^^
出入りは自由なんですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>yamatakaさん

わぉ!ご存知なんですね(笑)
最近にわかに、ここの魅力にはまってしまいました
実に良い(*^^)v
ベンチ気づかれましたか、この後登場しまからね
そうだったんですか・・・・JRのポスターだったとは

>ゆうさん

駅舎良いですよね
それも木造となれば尚の事
この日曇模様の中、わずかな時間陽が差し込み
捉える事が出来ました
>ここに流れる静かな時間を私も共有したいです^^
そんな風に感じてもらってありがとうございます

>yamanashiさん

そうですか、行かれた事あるんですね
私も随分昔に訪れた事があるんですが
その頃は、特に何も感じなかったんです・・・それが今ではカメラ持参でのお出掛けとは、わからないものです(^_^;)
陽が差し込むだけで素晴らし作品と化すようですよ


>ta-raちゃんさん

駅のホーム付近のみ当時のレールが残ってるようですね
駅舎は、管理されて時間制限はあるものの
一般公開されてますよ
出雲大社の御膝元とあって威風堂々たる建造物です

>ぺんたさん

光が差し込まないと
薄暗いただの駅舎跡となるんでしょうが
自然は素晴らしいものを魅せてくれるようです
>ケンケンさんのおかげで行きたいところがいっぱい増えていきます(笑)
お互いに刺激し合ってるようですね(笑)

>masa + さん

撮りに行かれますか?
どうぞどうぞ!ご案内しますよ(*^^)v
陽が差し込んだ駅舎内、たまらない被写体です
こういう木造の建物、いつまでも有り続けて欲しいものです

>kotoneさん

私個人的には、ここで珈琲でも飲める場所があれば
良いなと思います
当時を振り返る人もきっといる事でしょうね

3枚目いいですね~。
なんともいえない雰囲気が漂ってます。

>mint さん

この建物、内部は駅舎の面影を残してはいるものの
その佇まいは大きな講堂のようなものにも見えます
木造の建造物が好きな方ならたまらないですよ
出入りは、時間内なら自由です
個人的には陽が差し込む夕暮れ近い時間帯がお勧めです(*^^)v


>鍵コメさん

連絡ありがとうございます
お体大丈夫ですか?
どうかゆっくり静養されて下さい
復帰されるのを待ってます

>vividさん

良い具合に陽が射し込んでくれました
わずか10分間のショータイムでしたよ
プロフィール

ケンケン

Author:ケンケン
感じたままを残せたら
デジタル・フィルムで楽しんでます

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。